白い車椅子 Felicita

心が自由になる “バリアフリーウェディング”

純白の車イス Felicita

結婚式という「夢を形にする空間」やウェディングドレスに、そして式場にマッチする車椅子がほしい。そんな願いからFelicita(フェリチタ)は生まれました。今までホテルやデパート、結婚式場にもご用意されていなかった、機能性だけでなくデザイン性にもこだわった新しいコンセプトの車椅子Felicita(フェリチタ)。バリアフリーウェディングの結婚式をより素敵に演出いたします。

純白の車イス Felicita

“白”にこだわり、ブライダル用の車椅子として生まれたFelicita。
機能性だけに目が行きがちな車椅子ですが、デザイン性にもこだわった
今までにないコンセプトの車椅子です。

Point1パールホワイトフレーム

上品で落ち着きのあるパールホワイトの
フレームは、純白だけでなく、クリーム色の
ウェディングドレスにもよく似合います。

Point2ホワイトレザーシート

高級感を感じさせるPVCレザーを使用。
挙式、披露宴と長い時間を快適に座って
お過ごしいただけます。

Point3アームレストパッド

シートと同様のPVCレザーを使用。使用感
も高級感もこだわった柔らかな仕上げの
アームレストパッドです。

Point4背面ポケット

グローブやストールなどの小物や、両親への
手紙をしまっておけるように、背面にポケット
を装備しました。

felicita オプション

標準タイプにオプションをプラスすると、より素敵な車椅子となります。

スポークを白くすることで、機械的な印象は女性らしい柔らかな優しい印象へと変化し、ドレス姿との一体感が増します。

あなたのドレス姿をより一層引き立てるため、フェミニンなレースモチーフを施し、ドレスとの一体感を究極にこだわりました。

天使の羽に見立てた羽根は、可愛らしく演出するのにぴったり。ハンドリム操作の時にもじゃまにならないよう工夫されています。

スワロフスキー・ジャパン公認の上品かつゴージャス感あふれるスワロフスキーを贅沢にあしらいました。

ここにブーケを挿しておくと花嫁様の顔色が明るく、より華やかに撮影できます。ブーケの太さやバッグ式ブーケなどにも対応。

座位保持装置を製作する車椅子工房職人監修のこだわりクッション。シートの厚さと足して40mmの高さは贅沢の一言。

足元の目立たない場所にポケットを製作。膝掛けなど大きなアイテムやお手元に置いておきたい貴重品を収納できます。

座位保持が困難な方には滑り止めを効かせたクッション。dow-corporationオリジナルドレスであれば、滑り止め効果の高い素材でインナーパンツをご用意できますから安心して長時間座っていられます。

felicita プラン

標準モデルから、人気のハイグレードモデルプランまで、3つのプランをご用意させていただきました。

  • パールホワイトフレーム
  • ホワイトレザーシート
  • アームレストパッド
  • ハンドリム
  • フットプレート、レッグレスト
  • タイヤ、キャスター
  • ハンドルグリップ
  • 背面ポケット

真っ白いスポークカバーの効果で車椅子はより白く、チャペルに舞い降りてきた白い天使(車椅子)には可愛い羽根が生えて、ウェディングドレスにとけ込みます。

  • セット内容
  • 標準モデルセット
  • ホワイトスポークカバー
  • エンジェルウィング
  • ブーケホルダー

「こんなのあったらいいな」のお声をカタチにしたハイグレードモデル。フェミニンなドレスにマッチするデザインは一生に一度のウェディング姿をより一層華やかに引き立てます。

  • セット内容
  • 標準モデルセット
  • レーススポークカバー
  • スワロフスキーエンジェルウィング
  • ブーケホルダー
  • ホワイトレザークッション
  • フットポケット

felicita ご感想

felicita ご感想:池田様

池田様(仮)

フォトウェディングプラン[ベーシックモデル・バリアフリーウェディングドレスご利用]

障害を持ち、車椅子ユーザーとなってからできる事、行ける場所がかなり制限されました。 それでも、今の自分にできる楽しみ方、満足の仕方を探しながら過ごしてきました。 しかし、結婚式となると車椅子ユーザーの結婚式を取り上げてる式場はほとんどなく、フォトウェディングでも今まで経験がないからという理由で快く引き受けてくれず。 また、私としても迷惑を掛けてしまうんじゃないかという心配もあり、どこに頼んだらよいか悩んでいました。

そんな時、才野さんのサイトを見つけました。障害のある人を対象としているのであれば、任せることが出来るのではないかと思いました。早速、連絡を取ってみると親身に話を聞いて下さり、本当にどんな障害があっても幸せな結婚式を挙げる権利があるという想いが伝わってきました。依頼した後も、少しでも希望に沿ったフォトウエディングにしようといくつかプランを作って頂きました。

当日はヘアー、メイク、着替えとスムーズな流れで撮影することが出来ました。特に驚いたのが座った状態で着用できる ウェディングドレスが便利でした。見た目では全くわからないくらいでとてもかわいいデザインでした。 また、車椅子も白くてウェディングドレスを引き立ててました。 才野さんは随時、天候による気温の事、姿勢によるジョクソウの事、体調の事などに気を配ってくれ、 まるで看護師さんやヘルパーさんが付き添ってくれてるようでした。 すれ違う人達に「きれいだね」「結婚おめでとう」と声をかけてもらい、“本当に結婚するんだな”という実感が沸いてきました。 日頃、嫌になる人の視線も暖かく感じることができました。才野さんはお姫様の様に扱ってくれ、始めは恥ずかしかったのですが人生で1度きりなので、とても嬉しかったです。そのおかげで不自由さを忘れられる夢のような一時を過ごせました。撮影した写真はさすがプロだなという出来栄えで、彼も私も大満足でした。 二人にとって最高の思い出が作れて良かったです。

felicita ご感想:高橋様

高橋様 27歳

ベーシックモデルプランご利用

式の一ヶ月半前に不注意で転倒し、足を骨折して車椅子となってしまいました。
招待状の返事も届き始めており、車椅子でも式を延期する事なく行いたいと思いましたが、新婦が車椅子で挙式を行ったという話は、周囲はもちろん、インターネットで検索してもほぼ見つかりませんでした。 式場でも、列席者の方が車椅子という事はあっても、新婦が車椅子という前列がないとの事で、車椅子で挙式を行う事は出来るのだろうかと不安になりました。 また、骨折前にウエディングドレス・カラードレス共に決めており、色やデザインがとても気に入っていましたが、車椅子になった事で丈やボリューム等を考慮し、違うドレスに変更しなければならないのかな?と考えていました。 そして何より、車椅子での挙式では、車椅子が目立ってしまったり、ドレスや式場の雰囲気から浮いてしまうのではないか、という事に最も悩んでいました。 そんな時、偶然HPで白い車椅子がある事を知り、最初は正直半信半疑で問い合わせのメールを送りました。 対応して下さった才野さんは、私の気持ちを親身に考えてくれました。連絡を取り合う中で、車椅子で挙式を行うための細かなアドバイスをたくさん頂きました。 車椅子でなければ…

せっかく結婚式をしても、後々そう後悔してしまうのかな?と挙式前は思っていましたが、挙式を終えた今、自分でも驚く程、後悔の気持ちはありませんでした、むしろとても満足しています。 確かに白い車椅子を使用しても、車椅子での挙式である事に代わりはありません。でも、この白い車椅子は、「車椅子での挙式」を最大限、良い形に仕上げてくれると思います。 みなさんから「とても思い出に残る良い式だった」と言って頂く事が出来ました。それは出席して下さった方々や式場のスタッフの方々の協力はもちろん、白い車椅子と才野さんのおかげだと感謝しています。 もし今後私の様に、車椅子での挙式を悩む方が居たら、その方の希望となればと思い、この文章を書きます。是非白い車椅子で、挙式を楽しんで下さい!

felicita ご感想:うみ様

うみ様 20代

標準モデル+オプションご利用
(レーススポークカバー、エンジェルウイング、ブーケホルダー、ホワイトベルベットクッション)

ウィングの形をしたアームカバーなど、ドレスに一体化したかわいいデザインで素敵でした。
車椅子ダンスを習っており、式で披露したいと練習しており、白の車椅子で踊れたのがよかったです。 直前に色々不安になり、才野さんにお電話しましたが、一つ一つ私の不安を解決できるよう親身になってくださり、不安が軽減しました。
お陰様で、とてもリラックスして違和感なく、式を楽しめました。
本当にありがとうございました。

felicita ご感想:松田様

松田様 25歳

ベーシックモデルプランご利用

挙式1ヶ月前に交通事故に巻き込まれ全治2ヶ月の怪我を負ってしまい
車椅子で当日を迎えることとなってしまいました。
それでも、1年がかりで準備をしてきた結婚式、何が何でも挙式を成功させたい!
その思いが強く、何とかならないかと思いを巡らせていたとき、以前耳にした事のある「白い車椅子」の存在を思い出し、才野様にご連絡いたしました。
挙式1ヶ月前ということもありお断りされちゃうかも…心配に思いましたが才野様はすぐにOKの返信をくださり、さらに私の体を気遣ってくださいました。

ほっとしたのと共に「これで結婚式が成功させられるぞ!」と力も沸いてきました。

お医者様から結婚式までに歩行は無理と聞かされたときはやはりショックで、いろいろな不安がよぎりました。
「素敵なチャペルが気に入って決めた式場なのに、病院の車椅子じゃ台無しだなぁ…」
「今さら中止にしたら高額なキャンセル料が…」
「手作りしたペーパーアイテムたちは無駄になっちゃうの?」
「楽しみにしてくれてるお客さんたちに心配かけたくない…」
心配事は尽きませんでした。
皆様と同じだと思います。

でも安心してください。むしろ喜んでください!この車椅子には不思議な力があって、私たちの場合、結婚式に不思議な一体感が生まれました。車椅子姿の花嫁に対する「同情」もあったのでしょうが、白い車椅子が演出する私と主人の「結婚式を成功させたい」という強い重いがお客さんたちに届いたのではないかと思っています。
さらに作りもしっかりしていて、高級感のあるこの車椅子は両親やお客さんからも大評判でした。 才野様と白い車椅子のおかげで結婚式は本当にすばらしいものになりました。

felicita ご感想:柴山様

柴山様 35歳

ベーシックモデルプランご利用

私は、義姉のために[白い車イス]をレンタルしました。
普段は、小回りの利く小さめの電動車イスを使用しているので、当然、ドレスを着用すると乗れなくなってしまう…。 そこで、各会場で車イスをお借りするように予定していたようです。 しかし、自宅から挙式会場、披露宴会場とタクシーでの移動を考えると車イスの乗り換えは本人の負担になることをまず、心配しました。 (富山では、cubeのような小さめの車イスごと乗車できるタクシーもあって、)できれば、車イスの乗り換えなしで、 同一の車イスに乗車したまま移動させてあげたいと思いました。

最初は、公共の車イスを市でお借りすることを思ったのですが、「せっかくドレスアップするのに、ボロボロの車イスだったら…」、とか、 「手すりカバーは用意するとしても、横や後ろから見たら、暗くならないかな…」などとと、思いを巡らすように。 そこで、インターネットで調べたところ、この車イスにたどりつきました。 大きな出費になると思いましたが、他の方のコメントにもありましたが、才野さんの本当に丁寧な説明。 そして、隅々まで気にかけて、アドバイスをくださったので、安心して、信頼してお借りすることができました。 車イスも体の一部としてドレスアップしてもらって、本当によかったと思います。

この車イスにしなかったら、せっかくの花嫁衣装も泣いてしまっただろう、と思います。 すごくシックリきてました。もちろん、周囲の評価も高かったです。 結局のところ、義姉の父からのプレゼントということになったのですが、父も気に入ってくれました。 義姉も父にとても感謝していました。
ぜひ、これから、ご結婚される方には、ご利用をおすすめします。
才野さん本当にありがとうございました。

新郎新婦の笑顔が見たい。そのためのお手伝いをさせてください。
私自身、障がいを持つ弟との生活を経験する中、障がいを持つ方の結婚式をお手伝いをしたときにお持ちの障がいに関係なく、もっと安心して結婚式を楽しんでもらいたいー。 という気持ちを強く感じ、バリアフリーウェディングをカタチにしようと決心しました。 今、その思いが少しずつ実現してきたことをとても嬉しく思っています。 心が自由になれる。 バリアフリーウェディングを一緒に作りましょう。